Nagoya University Morikawa, Yamamoto & Miwa Lab

HOME > Thesis > 2018

平成30年度ー2018ー

博士論文


Xingyi HUANG
Analysis of Travel Time Correlation and Road Segmentation
道路旅行時間の相関と道路分割に関する研究

Zabihullah ZAKHELWAL
Impact analysis of bus operation on bus travel time and traffic flow in Kabul, Afghanistan
アフガニスタン・カブールにおけるバス運行方法がバスの旅行時間と交通流に及ぼす影響の分析

CHORN Veasna
Analysis on Improvement of Bus Service Considering Psychological Determinants in Phnom Penh Capital City, Cambodia
心理的要因を考慮したカンボジア・プノンペン市のバスのサービス向上に関する分析

片田 有哉Yuya KATADA
中山間地域に居住する高齢者のための地域バス路線の計画
Bus route planning for elderly residents in semi-mountainous area

前田 健人Kento MAEDA
中山間地域における移動支援等の地域支援システムの効果分析
Analysis of a community support system including cooperative ride system for the elderly in a rural area, Japan

中村 真之介Shinnoske NAKAMURA
駐車場料金体系の変更が駐車場利用に与える影響の分析
Impact analysis of changing a parking fee structure on parking utilization

周 也方Yefang ZHOU
Analysis of suburban shared autonomous vehicle system based on park and ride
パークアンドライドに基づく郊外部自動運転車共同利用システムの解析

佐藤 充Makoto SATO
主観的運転ストレスの類型化と発生要因に関する研究
Study on classification and factors of subjective driving stress

植村 遼Ryo UEMURA
運転ストレス最小化経路探索の大規模ネットワークへの適用
Application of driving stress minimization route search

𠮷田 愼也Shinya YOSHIDA
流動人口統計を用いた災害時の帰宅困難者数の推定
Estimation of the Number of People Unable to Going Home at Disaster Using Aggregated Mobile Phone Location Data

卒業論文


野崎 泰誠Taisei NOZAKI
無信号交差点における自動運転車の合流制御方法の検討と効果分析
A study on merging control method of autonomous cars at unsignalized intersections

高山 直樹Naoki TAKAYAMA
中山間地域におけるバス利用促進施策と利用意識変化の分析
An analysis of bus use promotion measure and consciousness change in hilled rural area

小野川 立樹Tatsuki ONOGAWA
都市内高速道路走行時のドライバーの視行動の変化に関する基礎的研究
Fundamental Study on Changes of Visibility Behavior of Drivers in the urban inner expressway

堀部 佑斗Yuto HORIBE
駐車場予約サービス設計に向けた交通行動分析
Travel behavior analysis for designs of Parking reservation service