研究の概要

本研究は、わが国のCO2排出の2割を占める交通部門における徹底的な低炭素化が求められている現状を踏まえ、交通部門の低炭素化を着実に誘導できるパッケージ施策と実現化手法を提案することを目的としている。低炭素社会における低炭素交通システムを実現するためには、電気自動車等次世代自動車の普及促進を図ること、そしてTDM(Transportation Demand Management:交通需要マネジメント)やITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム) 、LRT(Light Rail Transit:次世代路面電車)、EV(Electric Vehicle:電気自動車)カーシェアリング、自転車専用レーン等低無公害車両へ優先的に都市空間を再配分する等の施策をパッケージ的に展開することが有効であり、本研究では、これらを実現するために必要である、都市インフラや制度側からの支援について研究を行うものである。本研究は時宜を得た内容であり、本研究の成果は、現在の社会情勢を踏まえ、混迷する現政権の税制政策や低炭素化に向けた地方行政の着実な取組みに貢献できる等具体の政策に直結すると考えられ、地球環境政策にとって非常に有益な成果が期待できる。

各研究テーマの構成イメージ

各研究テーマの構成イメージ
ページトップへ